メイン カテゴリ
●クルマ試乗記 (国産車) 普通車(13)
●クルマ試乗記 (国産車) 軽自動車(12)
●クルマ試乗記 (輸入車)(5)
●クルマのイベント情報(5)
●東京モーターショウ 2005(32)
├ 東京モーターショウ 2005 (トヨタ)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (レクサス)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (日産)(6)
├ 東京モーターショウ 2005 (ホンダ)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (三菱)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (マツダ)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (スバル)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (ダイハツ)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (スズキ)(10)
├ 東京モーターショウ 2005 (ミツオカ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW mini)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (シトロエン)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (アルファロメオ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (フィアット)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (サーブ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (オペル)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (GM)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (プジョー)(2)
└ 東京モーターショウ 2005 (ルノー)(2)
●東京モーターショウ 2004(2)
●東京オートサロン 2006(4)
●東京オートサロン 2004(16)
●ミニカーの情報(12)
●おすすめのミニカー(7)
●東京モーターショウ特集サイト(1)
●クルマ関連サイト(3)
●カー雑誌紹介(3)
└ おすすめの本棚(2)
●気になったクルマ紹介(2)
●その他(13)
1.メーカー名

2.車種名




画像




2005年12月07日

トヨタ ヴィッツ RS (MT) & F (CVT)

 毎年、色々な媒体で”カー・オブ・ザ・イヤー”が発表されますが、この度『ガリバー・カー・オブ・ザ・イヤー 2005』が発表されました。

 大賞を受賞したのは、”トヨタ ヴィッツ”だそうです。

  このクルマが登場した時に、二台試乗したことがあるのですが、一台は 1,500 RS のマニュアル(MT)で、もう一台は 1,000 F の CVT です。



■ヴィッツ 1,500 RS (MT)■

Vitz RS

 このクルマにはセールスの方と一緒に試乗したのですが(合計約 120kg )、確かTRDのサスペンションが組まれていたように思います。(※写真のクルマとは異なります。)

 そのためか、走行してみると車格の割に重厚感があって、しかも地面に吸い付くような感じでグイグイと加速して行くので、とても気持ちが良かった覚えがあります。

 しかし多少足回りを固めていたこともあって、小さな凹凸を通過するとカツンカツンと軽い衝撃が体に伝わってくるのですが、不快になるほどの衝撃ではなく、慣れてしまえば気に成らないレベルの物だったと思います。

 ステアリングを左右に切ると、パワーステアリングが付いているとは言え、若干の重さを持っているので、だらしなく蛇行してしまうようなことも無く、ステアリングを切った方向に切った分だけキチンと曲がる心地良さがありました。

 マニュアルのシフトフィーリングは、多少グニャっとした感覚はあるものの、シフトリンケージを使用したクルマとしてはダイレクト感があって、割とスパスパとシフトチェンジが出来た覚えがあります。

 取り回しとしては、最小回転半径が 5.5m もあるので、駐車時の切り替えしには多少てこずりましたし、死角もやや大きかったような気がします。

 しかし加速時の力強さを考えた時、レギュラーガソリン仕様でここまで楽しめるクルマが作れるのであれば、言うことは無いなという感じでした。



■ヴィッツ 1,000 F (CVT)■

Vitz F

 こちらはセールスの方は同乗せずに友人との試乗だったのですが、大の男二人(合計約 150kg )が乗っても全く動きには影響が無く、先に乗った RS と比べても遜色ない加速力があり、気が付くと一般道の法定速度をすぐに超えてしまうくらい、軽快な乗り味でした。

 ただ RS と比べてしまうと、簡素に作られている所が見えて来てしまって、少々残念だったことを思い出します。

 特に一番ヒドイと思ったのが、アイドリング時のエンジンの振動です。

 モデルチェンジ前の 1,000cc モデルをレンタカーで借りたことがあるのですが、同じヴィッツとは思えないくらいアイドリングの振動が少なくて、新型に比べて多少内装が安っぽく見えても、振動の少なさでは旧型の方が一枚上手でした。

 もちろん技術的に後退したのではなく、逆に進歩したくらいなのですが、やはりエンジンが旧型の 4気筒に対して 3気筒であることと、技術的進歩と言えるバランサーシャフトを使用しないで 3気筒エンジンを成立させたことが、軽量化には役立ってもアイドリングでは裏目に出てしまっているのです。

 使い物にならないくらい酷いというわけではないのですが、軒並み振動の少ないクルマが発表されて、しかも同じ 3気筒の軽自動車(ワゴンR 等)と比べても、軽自動車の方がマシというのでは、ちょっといただけないな…と思ってしまいます。

 アイドリング時を除けば、とても軽快に走ってくれますし、RS では重めに感じられたステアリングのフィーリングも気に成りませんでしたし、内装も旧型に比べて数段質感がアップしましたので、その点は買いだと思います。



 約10ヶ月前に試乗したので、もしかしたら今は改善されているかも知れませんが、購入する前に一度は試乗をおすすめ致します。






良かったらクリックをお願いします。⇒人気blogランキングへ
この記事へのコメント
突然で恐縮ですがご招待です
 「好調な日本車。米誌カー・オブ・ザ・イヤーでは何部門を受賞した?」というクイズを作りました。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
→ http://blog.q-q.jp/200512/article_113.html
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)

Posted by 素町人@思案橋 at 2005年12月22日 10:41
町人思案橋さま、コメントを有難う御座いました。
早速サイトを拝見させて戴きましたが、様々なテーマで興味深い内容でしたので、また遊びに行きたいと思います。

どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
Posted by hayato at 2005年12月22日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ガリバー・カー・オブ・ザ・イヤー2005 決定
Excerpt: 毎年恒例の『ガリバー・カー・オブ・ザ・イヤー』をガリバー自動車流通研究所が実施
Weblog: ガリバー自動車流通研究所:所長ブログ
Tracked: 2005-12-07 20:32

好調な日本車。米誌カー・オブ・ザ・イヤーでは何部門を受賞した?
Excerpt: ●★●●●●●7問中2問目 問題:「トラック・オブ・ザ・イヤーもホンダ 米誌選出」(asahi.com 051221)●日本車が米国で、「高品質、高性能と誉められた」というニュースは、あまり珍しく..
Weblog: 町人思案橋 (時事と常識戯問7問/平日)
Tracked: 2005-12-22 11:01




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。