メイン カテゴリ
●クルマ試乗記 (国産車) 普通車(13)
●クルマ試乗記 (国産車) 軽自動車(12)
●クルマ試乗記 (輸入車)(5)
●クルマのイベント情報(5)
●東京モーターショウ 2005(32)
├ 東京モーターショウ 2005 (トヨタ)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (レクサス)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (日産)(6)
├ 東京モーターショウ 2005 (ホンダ)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (三菱)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (マツダ)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (スバル)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (ダイハツ)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (スズキ)(10)
├ 東京モーターショウ 2005 (ミツオカ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW mini)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (シトロエン)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (アルファロメオ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (フィアット)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (サーブ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (オペル)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (GM)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (プジョー)(2)
└ 東京モーターショウ 2005 (ルノー)(2)
●東京モーターショウ 2004(2)
●東京オートサロン 2006(4)
●東京オートサロン 2004(16)
●ミニカーの情報(12)
●おすすめのミニカー(7)
●東京モーターショウ特集サイト(1)
●クルマ関連サイト(3)
●カー雑誌紹介(3)
└ おすすめの本棚(2)
●気になったクルマ紹介(2)
●その他(13)
1.メーカー名

2.車種名




画像




2006年03月12日

HONDA LIFE DIVA (ホンダ ライフ ディーバ)を試乗

 以前、ホンダ ゼスト スポーツ W ターボ の試乗をしましたが、合点が行かない点がありましたので(詳しくは以前の試乗記を見て下さい)、ホンダ ライフ と乗り比べたら、どう違うのだろうと思い、試乗させてもらうことにしました。

 ※今回の試乗車は、営業の方が普段使用している『営業車』だったらしく、ちょこっとだけ距離が伸びていたのと、最近行なわれたマイナーチェンジの前の型だったので、現在新車として売られている、ホンダ ライフ とは若干違っているかも知れませんが、ご了承下さい。



 試乗した『ホンダ ライフ ディーバ 』はターボ車ではなくNA車でしたが、ホンダ ゼスト と基本的に同じエンジンなので、ターボ車とNA車の違いも比較できるので、好都合でした。

LIFE 1

LIFE 2

LIFE 3

LIFE 4

LIFE 5

 ホンダ ゼスト で気になったステアリングの高さですが、運転席に座ってみたところ、特に気になる感じはしませんでした。

 ほぼ同じジャンルのクルマに思えたのですが、ホンダ ゼスト は全高が 1635mm あって、ホンダ ライフ は同じく 1575mm なので、微妙にセッティングを変えていたみたいです。

 なので、両車は恐らくステアリングの高さを変えられていたのでしょう。

 ホンダ ゼスト でとても気になったステアリングの高さも、ホンダ ライフ では全く気にならず、ステアリングの高さを変えるチルトステアリングの機構も、必要ないように思えました。

※ちなみに後で調べてみたら、シートの高さが ホンダ ゼスト の方が 50mm 高くなっているそうです。ということは、ステアリングの高さをもう少し上げることが出来たのならば、ベストポジションが取れたのかも知れません。でも ホンダ ライフ と基本構造を共有しているので、そう簡単には変えられないのでしょうね。



 いつものように、シートとミラーの位置を調整して、早速試乗をしたのですが、前回同様、自由に試乗して来て良いとのことでしたので、遠慮なく色々試させてもらいました。

 さすがにターボが付いてないと、加速力が鈍る傾向があるのですが、だからと言って不満になるほどヒドイといったものではなく、ホンダ ゼスト W ターボ よりも、数割り増しでアクセルを踏み込めば、交通の流れにキチンと乗りますし、車列の先頭になったとしても不安になるようなことはありませんでした。

 ただ、力強い加速性能が欲しい場合には、ターボ車のほうが良いだろうと思います。さすがにNA車では適わない感じでしたので。

 だからと言って、ホンダのターボ車は加速の際に唐突に加速力が増していくタイプ(いわゆるドッカンターボ)ではないので、とても上品な感覚で加速していくので乗っていて気持ちが良いのです。



 車線レーンを変えて走ったり、曲がり角を素早く曲がったりしたのですが、やはり足回りがノーマルだったからか、スポーツサスペンションを組んでいた ホンダ ゼスト スポーツ W ターボ と比較してしまうと、ちょっと柔らかいので、おとなしく走った方が良いかな、といった感じでした。

 ホンダ ゼスト スポーツ W ターボ の足回りが、硬いわりには最小限に衝撃を受け流す所があって、非常に好ましく思っていたので、あのセッティングが出来るなら、乗り心地を優先してノーマル仕様の足回りにこだわる必要は無さそうでした。

※ちなみに ホンダ ライフ ディーバ は車重が 870kg で、ホンダ ゼスト スポーツ W ターボ は 920kg あるので、この辺が乗り心地に影響が出た可能性もあります。



 ただ、全体を通して ホンダ ライフ ディーバ よりも、ホンダ ゼスト スポーツ W ターボ の方が、車体の剛性感が高くて、とても軽自動車を運転しているとは思えないくらい快適だったのが印象的でした。

 やはり登場した時期が違うと、クルマの出来もこんなに違ってくるのだなぁと、改めて感じました。

※ホンダ ライフ が先日のマイナーチェンジで、どれくらい剛性を上げたのか確認出来ていないので、必ずしも ホンダ ライフ が緩いとは言い切れませんが。

 とにかく両車とも、軽自動車として考えた時、品質の良さが印象的でした。

 特にアイドリングの時の振動の少なさや、騒音の低さは、さすが『エンジンのホンダ』といった感じでした。

 これだけでも、長時間運転した時の疲れ具合が変わって来ますので、クルマのスタイリングが気に入って、運転席のポジションがキチンと取れれば、ホンダ ライフ も ホンダ ディーバ もお薦めでしょう。

 とにかく両車とも試乗してみることが一番ですね。

 ちなみにメーターパネルに表示されていた平均燃費は、ホンダ ゼスト スポーツ W ターボが、12.4km/l で、ホンダ ライフ ディーバ(NA車)が、14.8km/l でした。



 ホンダ ライフ と、ホンダ ゼスト について調べるならば、こちらの本がお薦めです。



 

 自動車保険は大丈夫ですか?インターネットを通じて申し込んだ場合や、走行距離が少ない場合などによって、保険金額の割引率が変わって来ますので、一度見積もり依頼をされてはいかがでしょうか。

 お申込みはこちらから⇒








●ランキングサイトに登録してますので、良かったらクリックのご協力をお願いします。⇒人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。