メイン カテゴリ
●クルマ試乗記 (国産車) 普通車(13)
●クルマ試乗記 (国産車) 軽自動車(12)
●クルマ試乗記 (輸入車)(5)
●クルマのイベント情報(5)
●東京モーターショウ 2005(32)
├ 東京モーターショウ 2005 (トヨタ)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (レクサス)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (日産)(6)
├ 東京モーターショウ 2005 (ホンダ)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (三菱)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (マツダ)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (スバル)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (ダイハツ)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (スズキ)(10)
├ 東京モーターショウ 2005 (ミツオカ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW mini)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (シトロエン)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (アルファロメオ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (フィアット)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (サーブ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (オペル)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (GM)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (プジョー)(2)
└ 東京モーターショウ 2005 (ルノー)(2)
●東京モーターショウ 2004(2)
●東京オートサロン 2006(4)
●東京オートサロン 2004(16)
●ミニカーの情報(12)
●おすすめのミニカー(7)
●東京モーターショウ特集サイト(1)
●クルマ関連サイト(3)
●カー雑誌紹介(3)
└ おすすめの本棚(2)
●気になったクルマ紹介(2)
●その他(13)
1.メーカー名

2.車種名




画像




2006年11月18日

グランデ プント 1.4 16V Sport を試乗。

 グランデ プント 1.4 16V Sport を試乗しました。

 当初は試乗する予定では無かったのですが、系列のアルファロメオ 147 の試乗車が出払っていたので、時間つぶしに運転させてもらいました。

 カタログでスペックを確認したり、雑誌で予備知識を入れること無く運転したのですが、割とすんなりと運転することが出来ました。

 運転席に座り、一通り室内を眺めてみると、ドアミラーの前方に小さな小窓が付いていました。

 最近のミニバンなどに見られる処理ですが、小型車でこのデザインを採用すると、いくら運転席の座面高さが低くても、ミニバンに乗っているような気がしてしまいました。

グランデプント 1

 死角が若干少なくなるものの、劇的な変化を遂げている訳では無いので、雰囲気を取るか、実用性を取るか、悩まされる所です。

 座席の位置を調整し、シートベルトを掛け、バックミラーやドアミラーを調整したのですが、何処に何があるというのが分かりやすかったので、戸惑うことはありませんでした。

 ただ輸入車の特徴として、ターンシグナルレバー(サイドウィンカー)の位置が左右逆になっているので、ワイパーと間違えないように気を付けて運転しました。



 ディーラーから大通りへと、すぐに左・するような立地条件なのですが、マニュアルシフト車であるにもかかわらず、クラッチ操作が非常に楽というか、エンジンの低速トルクが充分にあるからなのか、ギクシャクした動きに成らず、スムーズに発進させることが出来ました。

グランデプント 2

 大通りは多少混雑していたので、流れに任せてユックリと走らせたのですが、オートマチック車のように何もかもスムーズという訳には行きませんが、マニュアル車としてはとても運転しやすい部類に入るでしょう。

 試しに多少ラフに扱って、シフトダウンをサボってみたのですが、ガクガクと揺さぶられるような動きを見せなかったので、相当低速トルクがあるのでしょう。

※試乗の際は、自分とセールスマンの二人で乗ったので、重さに影響を受ける程度のトルクしかなかったとしたら、こういった場面で出てくるはずですが、全く気配は感じられませんでした。



 少し流れの速い裏通りへと向かい、加速力を試したところ、シートに背中が押し付けられるほどの加速…という訳には行きませんでしたが、スポーティーに感じられるくらいの素早い加速力を見せてくれました。

※排気量は試乗を済ませてから知ったのですが、1,400ccしかないクルマとは思えないくらいの動力を見せてくれたので、凄いことだなと感じました。

 交差点を左、左と進んで行き、ディーラーの周辺を一周したのですが、ステアリングの操作感などは、ちょっと重さを感じるものの、重過ぎる訳では無く、Sport を名乗るだけの切れ味の良さを備えていたので、これで充分だなという感じでした。

 またシートの出来が良かったからか、肩から背中、太ももまで全体的にバランス良く支えられて、座り心地が良かったことが印象的でした。



 試乗してみて感じたことは、個人の好き好きになってしまうのでしょうが、乗れば『輸入車に乗っているぞ!!』という感続が楽しめるでしょうが、ちょっと見には国産の2BOXカーと、さほど変わりばえしないので、周りの目を意識して乗るクルマでは無いなといった気がしました。

 なので自分としては、高感度はあれど、積極的に選ぶクルマでは無いなといった感じでした。

 でも1,400ccで不満無く動いてくれるのは、素晴らしいことだと思います。



●ランキングサイトに登録してますので、クリックのご協力をお願いします。⇒人気blogランキングへ



 カーセンサーnetなら、
リンク先の中古車キーワード検索窓か、
画面中央付近にある車名検索窓に
『グランデプント』と入力するだけで、
市場に出ている『グランデプント』を
探すことが出来ます。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。