メイン カテゴリ
●クルマ試乗記 (国産車) 普通車(13)
●クルマ試乗記 (国産車) 軽自動車(12)
●クルマ試乗記 (輸入車)(5)
●クルマのイベント情報(5)
●東京モーターショウ 2005(32)
├ 東京モーターショウ 2005 (トヨタ)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (レクサス)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (日産)(6)
├ 東京モーターショウ 2005 (ホンダ)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (三菱)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (マツダ)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (スバル)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (ダイハツ)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (スズキ)(10)
├ 東京モーターショウ 2005 (ミツオカ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW mini)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (シトロエン)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (アルファロメオ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (フィアット)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (サーブ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (オペル)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (GM)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (プジョー)(2)
└ 東京モーターショウ 2005 (ルノー)(2)
●東京モーターショウ 2004(2)
●東京オートサロン 2006(4)
●東京オートサロン 2004(16)
●ミニカーの情報(12)
●おすすめのミニカー(7)
●東京モーターショウ特集サイト(1)
●クルマ関連サイト(3)
●カー雑誌紹介(3)
└ おすすめの本棚(2)
●気になったクルマ紹介(2)
●その他(13)
1.メーカー名

2.車種名




画像




2006年11月20日

アルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)を試乗しました。

 アルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)を試乗するのは、今回で2回目なのですが、今回は高速道路での体験試乗が実施されるとの案内が届いたので、早速行ってみることにしました。

 前回の試乗記はこちらをご覧下さい。

 イベントがあるごとに、アルファロメオのディーラーから案内が届いていたのですが、今回のような高速試乗を体験させてもらえる機会は無かったので、アルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)の真髄を見せてもらうつもりで向かいました。

 久し振りにアルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)を目の前にすると、やはりカッコ良さに心を奪われてしまいました。

アルファ147 1

アルファ147 2

アルファ147 3

アルファ147 4

アルファ147 5

アルファ147 6

 このクルマはセレスピード(SELESPEED)というクラッチレスのトランスミッションを採用しているタイプで、マニュアル車からクラッチを取り去り、さらにオートマ車のように自動変速が出来るのですが、個人的な好みから言うと、この手のクルマはどうしても変速時にわずかなショックを伝えてくるのと、変速したいタイミングが自分と機械の間でわずかなズレを生じさせてしまうので、あまり好きではありません。

 でもアルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)を購入される方の殆どは、セレスピード(SELESPEED)を選ばれるそうです。

 やはりマニュアル車の人気が低迷しているからのなのでしょうね。そのため試乗車もセレスピード(SELESPEED)を準備せざるを得なかったとセールスマンの方も言ってました。



 早速クルマに乗り込み、運転席やミラーの調整をしたのですが、このところ輸入車に乗る機会が多かったので、スムーズに調整出来たのですが、運転席の背もたれを調整するのに、レバーではなくダイヤル式であることに戸惑う人も居るのではないでしょうか。

 でも操作ダイヤルの位置が国産車と同じ運転席の右側にあるので、その点では迷うことは無いかも知れません。

 ちなみに今回のクルマのシートはレザータイプだったのですが、触り心地が良いばかりか、あまり滑らない印象がありました。

アルファ147 7

 クルマによっては、妙に滑ってしまうシートであったり、ビニールレザーである場合もあるので、この点においては心配は無いようです。



 さっそく高速道路へと向かったのですが、完全なオートマチック車と違ってセレスピード(SELESPEED)は、クリープ現象(ブレーキを放すとクルマが自然に動き出す現象)が無く、アクセルを踏まないと動き出さないので、平地ではブレーキペダルを踏まずに止まっているだけで良いのですが(念の為にサイドブレーキを引くことをお勧めします)、坂道ではズルズルと下がってしまうので、ブレーキペダルからアクセルペダルへの踏み替えを素早くするか、サイドブレーキを併用して発進しなければ成らないので、その点がちょっと不満ですね。

 高速道路代はディーラー持ちとのことだったので、安心して高速道路に乗り込んだのですが、やはりアルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)と言うだけはあって、胸のすく加速を見せてくれました。

 「警察に捕まらない程度でお願いしますね。さすがにそこまでは責任が持てませんから(笑)。」

 とのセールスマンの言葉を忠実に守って…というのは正直言うとちょっと違ってしまうのですが、安全運転に心掛けてクルマを進めました。



 前後に他のクルマが居ないことを確かめて、走行車線から追い越し車線への往復をしたり、時速80kmから100kmまでの加速力を確かめたりしたのですが、変にふらつくことも無く、またターボ無しのクルマとしては、充分過ぎる程の性能を持っていました。

 またここでは書けないような高速走行もしたのですが、安定感があって恐いといった印象は有りませんでした。

 高速道路を初めて運転するクルマの場合、ちょっと不安を感じるものですが、そういった印象が無いのです。もちろん助手席に乗っているセールスマンの方も、いたってリラックスしている様子でした。

 ただ、以前乗ったVW ゴルフ GTI(DSG)に比べると、ちょっとだけ安定感に甘さがあるような気がしました。

 フロントが浮いてくるというか、ステアリングが軽くなるというか、クルマは真っ直ぐに走ってくれるのですが、VW ゴルフ GTI(DSG)の場合は、路面にしがみ付いているかのような安定感があったので、余計にそう感じるのかも知れません。



 高速道路一区間分の往復だったのですが、約20km近く高速道路上を運転出来たので、アルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)の性能を充分に堪能出来ました。

 ただ一つだけ悩みの種が出来てしまいました。

 スタイリングを取るならば、アルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)で、高速道路全般の性能を取るならば、VW ゴルフ GTI(DSG)ではないかということです。

 個人的にはマニュアル派なので、アルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)のセレスピード(SELESPEED)は遠慮したいのですが、マニュアル車のアルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)を運転したことがないので、甲乙付けがたいのです。

 むろん VW ゴルフ GTI の方もマニュアル車を運転したことが無いのですが、オートマチック車(DSG)で充分と言うか、むしろ積極的に選びたいという気持ちにさせられたので、一体どちらを選べば良いのか分からなくなってしまいました。



 リセールバリュー(下取り)を考えると、アルファ147(Alfa 147 TI 2.0 TWIN SPARK)の場合、セレスピード(SELESPEED)を選んだ方が良いのでしょうが、果たして数年間運転していて、マニュアル車にしておけば良かった…と後悔しないで済むのか分かりませんし、VW ゴルフ GTI(DSG)も、リセールバリューを考えればオートマチック車(DSG)で良いのだと思いますが、最近 VW ゴルフ全般を見掛けることが多くなって来たことと、そもそもこのデザインが本当に自分の好みか?!というところが、購入してみて疑問に思わないかが気になるのです。

 まぁユックリと時間を掛けて、クルマ選びをして行こうと思います。



●ランキングサイトに登録してますので、クリックのご協力をお願いします。⇒人気blogランキングへ







Goo-net

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。