メイン カテゴリ
●クルマ試乗記 (国産車) 普通車(13)
●クルマ試乗記 (国産車) 軽自動車(12)
●クルマ試乗記 (輸入車)(5)
●クルマのイベント情報(5)
●東京モーターショウ 2005(32)
├ 東京モーターショウ 2005 (トヨタ)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (レクサス)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (日産)(6)
├ 東京モーターショウ 2005 (ホンダ)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (三菱)(7)
├ 東京モーターショウ 2005 (マツダ)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (スバル)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (ダイハツ)(5)
├ 東京モーターショウ 2005 (スズキ)(10)
├ 東京モーターショウ 2005 (ミツオカ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW)(4)
├ 東京モーターショウ 2005 (BMW mini)(3)
├ 東京モーターショウ 2005 (シトロエン)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (アルファロメオ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (フィアット)(2)
├ 東京モーターショウ 2005 (サーブ)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (オペル)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (GM)(1)
├ 東京モーターショウ 2005 (プジョー)(2)
└ 東京モーターショウ 2005 (ルノー)(2)
●東京モーターショウ 2004(2)
●東京オートサロン 2006(4)
●東京オートサロン 2004(16)
●ミニカーの情報(12)
●おすすめのミニカー(7)
●東京モーターショウ特集サイト(1)
●クルマ関連サイト(3)
●カー雑誌紹介(3)
└ おすすめの本棚(2)
●気になったクルマ紹介(2)
●その他(13)
1.メーカー名

2.車種名




画像




2007年11月12日

<東京モーターショー>入場者は前回より8万人減

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071112-00000076-mai-bus_all

 今回のモーターショーは、前回に比べて8万人も来場者数が減ってしまったようです。

 最近はクルマ離れが顕著になっているようですが、カーマニアとしては、来場者数が少なくなってくれたお陰で、ジックリとクルマを見ることが出来るので、とても有難いですね。



 ただ、クルマ文化として考えたとき、クルマ離れは歓迎出来るものでは無いでしょう。







 だからと言って、クルマの脇にコンパニオンを置いて、来場者数を確保するのも情けないと思うので、クルマを見に行く人の気持ちを考えた展示をして欲しいですね。

 正直言って、今の展示の仕方は、見栄えばかりを狙っていて、クルマを見に来た人にとって、ブース内で動きにくいレイアウトになっていることが多いので、その辺りから見直す必要があるでしょう。



 ただ、そもそもお祭り騒ぎをすることが、クルマに必要だろうか?という疑問もあります。

 カーマニアの視点から見れば、たくさんのクルマが一堂に会する場があることは、それだけで訪問する目的になりますが、じゃあ、カーマニアではない、クルマを購入する層の人達は、何を目的としているのでしょう?

 お祭り的要素があることで、気を引くことは出来ると思いますが、それ以前に、気に成るクルマを【見て】【触って】【乗って】というところが、充分に満たされないと、モーターショーに行っても楽しくないのではないでしょうか?



 街中にあるクルマのディーラーでは、見に行ったらセールス攻撃の嵐で、落ち着いて見れないといった現実がありますし、メーカー同士を比較検討しようとしても、いちいちディーラーを探して目的のクルマがあるか調べなければなりませんから、モーターショーが、新車選びのツールとして活躍してくれないと、単なる自動車メーカーの自己満足のショーに終わってしまうでしょう。

 今年のモーターショーにも行きましたが、相変わらずクルマのファッションショーをしているようで、薄ら寒い空気が漂っていたように思います。

 もっと実用的な役割を果たすモーターショーであったら、来場者数にこだわらなくても、有意義なショーを展開することが出来そうな気がします。



 もっとクルマが身近に感じられるショーに変わってくれることを、願って止みません。




●ランキングサイトに登録してますので、クリックのご協力をお願いします。
人気blogランキングへ



<ニュース原文>

<東京モーターショー>入場者は前回より8万人減
11月12日19時8分配信 毎日新聞


 千葉市の幕張メッセで11日まで開かれた第40回東京モーターショーの入場者数は、10月26日の開幕から17日間で142万5800人(主催の日本自動車工業会調べ)だった。同会は前回(05年)の151万2100人を上回ることを目標にしたが、前回から8万6300人減少し、自動車への関心が低下していることをうかがわせた。

 国内の新車販売が低迷する中、今回のモーターショーは97年以来10年ぶりに乗用車と商用車の合同開催に戻し、最新の環境技術を搭載した近未来車などを展示して、盛り上げを狙ったが、目標に届かなかった。同会は「前回より休日が少なかったことが影響した」と話している。【高橋真志】

【写真特集】 東京モーターショー:最新車からコンパニオンまで
【写真特集】 東京モーターショー:新GT−Rついに登場 「究極の形」ゴーン社長
【写真特集】 東京モーターショー:ランボルギーニ「レベントン」 1億6千万円の究極スーパーカー
【関連記事】 東京モーターショー:トヨタ スポーツセダン「レクサス IS F」公開
【関連記事】 東京モーターショー:最新環境技術が競演 幕張メッセで開幕

最終更新:11月12日21時13分
posted by hayato at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ●その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。